熊本の子供たちに贈るバレエの宝石箱について

2016年4月、熊本では2度にわたる大地震が起きました。

それ以来、熊本は大人も子供も力を合わせ、復興に向けて頑張っています。

特に子供たちは、大きな不安やショックを経験したにもかかわらず、一生懸命に頑張って、震災の前の笑顔を取り戻してきています。

私たち熊本を拠点にするバレエダンサーは、そんな子供たちのために何かできることはないかと考えました。

バレエの力、芸術の力とは何なのか。

美しい音楽や動きを通して人々に感動を与え、不安や困難を和らげることだと思います。

一人でも多くの子供たちに、バレエの素晴らしさを伝え、感受性を持った素敵な大人になってほしいとも思っています。

上に述べたような思いに賛同したダンサーたちが、教室や団体の垣根を超えて集まりました。

​皆で一丸となって、熊本の子供たちに、子供たちが見に来やすい価格で、質の高い舞台芸術をお見せしたいと考えております。

今は小さな宝石箱かもしれませんが、ダンサー一人一人が輝けるよう努力して、たくさんの宝石が詰まった大きな宝石箱に成長してゆきたいと思います。

​皆様どうぞよろしくお願いいたします。

  • Facebook
  • Instagram