frank2.tif

フランク・ファントンガレン

Frank van Tongeren

オランダ出身。オランダ国立バレ工学校、デン・ ハーグの王立コンセルヴァトワールにて学ぶ。
2010年に学校を卒業後、ノルウェー国立バレエ団に入団。
2012年には香港バレエ団に移籍し 、2014年にはコリフェヘと昇格。
2013年には韓国の国際コンクールにて審査員特別賞を受賞し、2015年にニーナ・アナニアシヴィリ率いるジョージア(旧グルジア)国立バレエ団にプリンシパルとして招待される。

ニーナ・アナニアシヴィリのパートナーとして脚光を浴びる。
2016年と2019年には『福岡インターナショナルバレエフェスティバル ガラコンサート』を企画した。
2018年に「ロミオとジュリエット」でロミオとして大成功を収めた後、日本での活動を広げたいと思い福岡に移住することを決め、FIBF として"ダンスを通した健康で幸せな街づくり"に向けて活動を始める。
現在はFIBFの主催者としてだけでなくダンサー、ヨガインストラクター、振付家、講師としても活動中。

frank1.jpg