藤田勇人  Tango Hayato Fujita-Gomez

Casa de arte カサデアルテ芸術の家 所属。一ッ葉高校3年生。
ニューヨーク生まれ。3歳からタンゴを始める。
8歳から12歳まで、熊本バレエ研究所のボーイズクラスに所属。11歳の時に、熊本バレエ劇場「くるみ割り人形」のフランツ役を務める。
地域のイベントで、タンゴの歌や踊りを披露している。
2015年の5月KABの「くまパワ」にてタンゴの踊りを披露する。同年8月、アコーディオンデビュー。
以来、踊り・歌・アコーディオン演奏を、熊本だけでなく、福岡や久留米で披露する。
2016年10月と2017年1月には、東京のタンゴスタジオで、歌と踊りと演奏を披露する。
現在、「熊本の子供たちに贈るバレエの宝石箱」のメンバーで、バレエダンサーとしても活躍中。
2019年12月からバンドネオンを始め、現在、ニューヨークのバンドネオン奏者JP Jofreのオンライン個人レッスン受講中。

dc_ura.png
熊本の子供たちに贈るバレエの宝石箱
096-273-9221
info@ballet-hosekibako.com
  • Facebook
  • Instagram